アクセス/地図
ホーム > 紹介 > 和賀心
 これまで、人類は、幸福を求めて、人間の知恵と力を駆使して、様々な改革を行ってきました。しかし、今日の世界情勢、人心の荒廃を見るにつけ、人知人力の限りを尽くしても、人間は幸せになれたとはいえません。
 では、どうすれば、人間が幸福になり、世界に真の平和が訪れるのでしょうか。
  「それは心が大事だ」と、心の時代が叫ばれて久しいのですが、心、心と言うだけでは、幸福は築けません。
 幸福とはいったい何なのか、どういう心になったら幸福になるのか、すべてに恵まれるのか、そのためにはどういう生き方をすればよいのか、明快になっているとは言い難い状況です。
  教祖は、それを天地書附の中に、「おかげは和賀心にあり」と示し、「和賀心」の必要性、内容、手立てを教えとして遺しました。
 例えば、「『おかげは和賀心にあり』という見識を落としたら、神のおかげはない」「和はやわらぐで、賀は祝賀の賀である」などと説き、おかげや助かりは、神から一方的に受けるものではなく、人間の心のあり方に、おのずと付いてくるものだと教えました。
また、合楽教会初代教会長・大坪総一郎師は、「天地は、人間の幸せになるすべてのものが無尽蔵にある宝庫です。その宝庫につながる心を「和賀心」というのです」「和らぎたい心、喜びたい心は生命の欲求です」と説いています。